リーダーシップとフォロワーシップの関係性-それぞれの特徴とは?

会社全体として達成したい目標があるのであれば、それらを達成するためのキーパーソンである「リーダー」の存在が必要不可欠です。

しかし、会社として本当に成果を出し続けていくためには、リーダーを支える存在である「フォロワー」の存在も重要ではないでしょうか。

そこで本記事では、リーダーシップとフォロワーシップのそれぞれの違いや重要性を解説します。リーダーとして活躍をしていきたいと考えている方や、リーダーを支える人材として成長していきたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

リーダーシップとは

まずは、リーダーシップの定義について解説をします。リーダーシップとは、組織の目標を理解し、その目標を達成するためにメンバーをマネジメントしながら、プロジェクトを成功に導くスキルのことを指します。

一般的にリーダー=管理職として捉えられることが多くなっていますが、必ずしも管理職のみを指すわけではありません。

あくまでメンバーを牽引し、組織の目標を達成するために任務を遂行することが、リーダーの役割であることを理解しておきましょう。

フォロワーシップとは

リーダーシップが周りを牽引し、メンバーに対して指示出しなどを行うことに対して、フォロワーシップは「リーダーのサポート」を行います。企業組織の中において、リーダーの自律的支援を行う補佐的なポジションだと考えれば理解しやすいかもしれません。

フォロワーシップの目的とは

一般的な中小企業などの場合、リーダーが必要不可欠であることは理解できても、そのリーダーをサポートするフォロワーが必要であるかに関しては、懐疑的であるかもしれません。

しかし、組織のパフォーマンスを最大化させるうえで、フォロワーシップの存在は必要不可欠だと言えます。なぜなら、近年では特に、リーダーシップを発揮するべき人材が様々な問題を抱え、メンバーのマネジメントを満足に行えないケースが増えているからです。

リーダーが機能していない組織は、言うまでもなく本来のパフォーマンスを発揮することはできないでしょう。さらには、リーダーがメンバーの人材教育に時間を割けないため、そのメンバーが将来管理職になった際にも、現状と同様のことが起こります。

つまり、組織が最大のパフォーマンスを発揮するためにはフォロワーの存在が必要不可欠であり、組織全体を正しく機能させることが重要です。

フォロワーシップとメンバーシップの違い

フォロワーシップと似た言葉に、メンバーシップが挙げられます。フォロワーシップは「リーダー」を補佐することに対して、メンバーシップは、現状自身に与えられている任務を遂行し、結果「メンバー全体」の補佐になることを目指すといった違いがあります。

そういった意味では、リーダー・フォロワー・メンバー全体と、全員が「メンバーシップの一員」であると言えるかもしれません。

フォロワーシップができる人材を育成するメリット

リーダーシップ・フォロワーシップのそれぞれの定義を理解したうえで、フォロワーシップができる人材を育成するメリットを解説します。

  • 組織が健全化する
  • 立場や階級による差がなくなる

それぞれのメリットを順番に見ていきましょう。

組織が健全化する

1つ目のメリットは、組織が健全化することです。リーダーが常に仕事に追われ、自分自身の業務に向き合うことに精一杯の状況では、部下であるメンバーのスキルや考え方が成長することはありません。

しかし、リーダーを支える存在であるフォロワーが機能することで、メンバーを育成することにも時間を割けるようになり、長期的に見て組織全体が安定していきます。

また、それぞれのスキルが伸びていくことで、メンバー同士がお互いを信頼できるようになるメリットがあります。

立場や階級による差がなくなる

2つ目のメリットは、立場や階級による差がなくなることです。リーダーはメンバーのマネジメントを行いますが、リーダー自身もフォロワーによってマネジメントをされています。つまり、一方的な指示系統が組織から排除されるため、メンバー全員が主体性を持って行動できるようになります。

こちらのメリットこそがフォロワーシップを導入する最大の効果であり、時代の流れにも最適な組織体系であると言えるでしょう。

フォロワーシップにおける注意点

魅力的なメリットが複数あるフォロワーシップですが、導入において知っておくべき注意点も存在します。その注意点とは、導入前に「土台をしっかりと固めておくこと」です。

現状の自社の課題も洗い出さず、フォロワーシップのメリットだけを享受しようと考えていても、思ったような結果に繋がらないケースが大半でしょう。なぜなら、フォロワーシップに多数のメリットがあるとはいえ、「本当に自社にフォロワーシップが必要であるか」を考えることが先決だからです。

また、リーダーとフォロワーは「相方」のような関係になるため、「リーダーの人間性や性格」を見極めることも必要になります。万が一相性の悪いフォロワーを付けてしまうと、メリットを享受できるどころか、さらに良くない方向へ進んでしまうことも考えられます。

従って、まずは自社の課題を洗い出し、その課題に対して本当にフォロワーシップが必要であるかを見極めましょう。フォロワーシップが必要であると判断した場合は、リーダーの人間性や性格などを考慮し、そこで初めてフォロワーの育成を開始することが重要です。

リーダーシップとフォロワーシップの違いを理解しよう

リーダーシップとフォロワーシップのそれぞれの違いについて解説をしました。リーダーシップは組織の目標を理解し、メンバーを正しくマネジメントすることに対して、フォロワーシップは、リーダーをマネジメントする立場にあります。

それぞれがマネジメントをし合う立場であるため、リーダーとフォロワー・メンバーのそれぞれは、全員が平等な立場として任務を遂行することが可能です。

まずは、組織全体がより良い方向へと進んでいけるよう、それぞれの立場や役割を再認識することから始めてみてはいかがでしょうか。




開発チームのリーダーを募集中

株式会社キャパでは開発チームのリーダーを募集しています。
「実務経験を積んできたから、次はリーダーにチャレンジしてみたい」
「新しい環境でリーダー経験を活かしたい」など、
ぜひお気軽にご相談ください。
詳しくは


関連記事一覧