リーダシップとマネジメントの違いとは【それぞれの定義を解説】

組織のメンバーを牽引していく存在として「リーダー」が挙げられますが、リーダーシップとマネジメントの明確な違いを答えることはできるでしょうか。どちらも似た言葉ではあるものの、今ひとつ定義として理解できている方はそこまで多くないかもしれません。

そこで本記事では、リーダーシップとマネジメントの定義を解説しつつ、それぞれに求められるスキルを解説します。リーダーとしてメンバーを牽引していく立場にある方は、ぜひ参考にしてください。

リーダーシップとは

まずは、リーダーシップの定義について見ていきましょう。リーダーシップとは、組織の目標に対して、どのようにメンバーを目標に導いていくのかを表す言葉です。従って、リーダーシップを鍛えるためには「将来」を明確にイメージする必要があり、長期的な目線を持ってプロジェクトに取り組むことが重要になります。

また、将来のイメージという抽象的な物事に対して思考を巡らせる必要があるため、定性的な評価や見られ方をすることも特徴です。

マネジメントとは

リーダーシップが組織の目標に対してメンバーを導くことに対して、マネジメントは「いつ・誰に・どのように」物事を進めていくのかを「管理する」ことです。

また、リーダーシップが長期的な目線を持つことに対して、マネジメントは比較的短期的な視野を持ち、現状の課題や改善点を見つけるように動くことが一般的とされています。

リーダーシップとマネジメントはどちらも似た言葉ではあるものの、定性的もしくは定量的・長期目線もしくは短期目線という違いがあることを理解しておきましょう。

リーダーシップとマネジメントのそれぞれの違いについて

先程、リーダーシップとマネジメント、それぞれの定義について解説をしました。ここでは、それぞれの違いをさらに詳しくご紹介します。

リーダーシップとマネジメントでは、主に「役割」と「人間性」に違いが見られます。それぞれを順番に見ていきましょう。

リーダーシップの役割

リーダーシップに求められる役割は、下記の4つが挙げられます。

  • 目標に対する明確なビジョンを示すこと
  • メンバーの模範となる行動をすること
  • ルールの整備
  • メンバーへの権限譲渡

目標に対する明確なビジョンなどは、上述したリーダシップの定義などと同様です。

マネジメントと最も異なる役割としては、「メンバーへの権限譲渡」が挙げられます。リーダーとしてすべての権限を握り、プロジェクトを進行させることは正解ではあるものの、上司から部下といった一方的な指示系統が生まれます。

これでは、メンバー(部下)が常に「指示待ち」状態になってしまい、メンバーの主体性や思考力が養われません。

こういった課題を解決するため、リーダーが適切なメンバーへの権限譲渡を行い、メンバー自身がプロジェクトを一人でも進められるよう「教育」することが重要です。

リーダーシップを発揮する人間は、メンバーそれぞれの能力を適切に把握し、ときにメンバーに権限を譲渡しながら、組織の目標達成をより加速させます。

マネジメントの役割

マネジメントの役割としては、リーダーシップと比較して、より実務的なものを担います。

  • 現状の維持(衰退をさせない)
  • 様々なルールや仕組みの調整

リーダーシップや組織が掲げる目標などに対して、メンバーがより正しく行動できるよう、様々なルールや仕組みを調整することが主な役割です。

また、「健康管理」など目には見えない部分まで配慮する必要もあります。幅広く仕組みを調整していくため、集団活動には欠かせない重要な役割を担っていると言えるでしょう。

リーダーシップの人間性

リーダーシップは、組織の目標に対してメンバーを牽引する必要があるため、誠実さと先導力が必要です。組織を牽引していくためには、周りからの信頼を獲得する必要があり、そのために誠実さが必要になります。

また、誠実さのみならず、「プロジェクトを絶対に達成できる」という未来をメンバーにイメージさせるために、先導力が必要です。最後まで諦めない姿や、リーダーが率先して行動する姿を見て、次第にメンバー自身も主体性を持って行動できるようになるでしょう。

マネジメントの人間性

リーダーシップに誠実さ・先導力などが求められる一方で、マネジメントでは、短期的かつ堅実的な思考が求められます。

マネジメントの業務の大半は「定量的」に判断ができるものであり、常に数字管理などを怠らない忍耐力も必要です。

また、リーダーシップは長期的かつ抽象的なイメージに対してプロジェクトを進めるため、マネジメントは冷静な判断ができるだけのスキルを身につけることも重要になるでしょう。

リーダーシップとマネジメントに求められるスキルの高め方

上述したように、リーダーシップとマネジメントでは、求められるスキルがまったく異なります。ここでは、それぞれに求められるスキルの高め方について解説をします。

リーダーシップに求められるスキルの高め方

リーダーシップでは、誠実さと先導力という「人間的な魅力」が必要です。これらを高めるためには、常にメンバーと心から向き合い、メンバーの声をプロジェクト全体に反映していくことが重要になるでしょう。

また、組織の目標を達成させるための「先見性」も、人間的な魅力として挙げられます。組織の現状を把握し、組織の目標を再確認しながら、メンバーの声を常に聞き取ることを念頭に置いておきましょう。

マネジメントに求められるスキルの高め方

マネジメントに求められるスキルはシンプルであり、それが「管理能力」です。こちらの管理能力の高め方に関しては、年数を重ねることが最も確実な方法だと言えます。

しかし、年数を重ねる中で、毎日の改善ポイントの把握・適切な対処法・仕組みの調整など、見るべきポイントは多岐にわたります。

従って、これらを常に把握することを怠ることなく、論理的かつ冷静な思考を持てるように努力していくことが重要です。

リーダーシップとマネジメント両者の役割を理解しよう

リーダーシップとマネジメントの違いについて解説をしました。両者の役割は明確に異なり、リーダーシップでは、組織の目標に対して明確なビジョンを示しながら、ときにはメンバーに権限を譲渡し教育することが重要です。

マネジメントでは、常に冷静な判断をしながら現実的に向き合い、様々な仕組みを改善することが必要になります。

このように、両者は役割が明確に異なるため、まずは自分自身がどちらに向いているのかを再確認し、自分の長所を伸ばすことから始めてみてはいかがでしょうか。




開発チームのリーダーを募集中

株式会社キャパでは開発チームのリーダーを募集しています。
「実務経験を積んできたから、次はリーダーにチャレンジしてみたい」
「新しい環境でリーダー経験を活かしたい」など、
ぜひお気軽にご相談ください。
詳しくは


関連記事一覧