リーダーシップを習得するには?どんな人を目指せばいいのか考察

チームリーダーや役職を任されたとき、リーダーシップの習得を目指す方は多いのではないでしょうか。

本記事では、下記3つの内容を詳しく解説します。

①リーダーシップとは

②リーダーシップのある人物の特徴

③リーダーシップを習得する方法

リーダーシップを発揮すると、チームメンバー同士のコミュニケーションの活性化や円滑なプロジェクト進行などが期待できます。リーダーシップの基本的な知識を解説しつつ、習得方法を考察しますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもリーダーシップとは

リーダーシップの定義や必要の能力、習得方法については、さまざまな議論があり、正解が存在しません。

リーダーシップは、一般的に「人を統率する能力」や「人を指導する能力」などを指します。つまり、「リーダーシップを発揮する」という言葉は、「人を統率する能力や指導する能力を発揮する」との意味と捉えられることが多いのです。

リーダーシップのある人物の特徴

それでは、リーダーシップのある人物には、どのような特徴があるのか考察します。

全体を見渡せる

リーダーシップのある人物は、チーム全体を見渡して問題点を早期に把握できます。小さな問題を見落とすと、後々大きな問題になり、プロジェクトの進行に支障をきたす可能性があるため、チームリーダーは常に全体を見渡さなければなりません。

私情を挟むことなくメンバーを評価できる

メンバーの好き嫌いで評価を変える人物は、リーダーシップがあるとは言えません。評価に私情を挟むことが明るみになれば、メンバーからの信頼を失うでしょう。私情を挟むことなく平等に評価できることは、「リーダーシップがある」と思ってもらうための必須条件です。

互いの言い分をまとめて妥協点を探れる

チームをまとめ上げるには、問題解決能力が欠かせません。メンバー同士で意見の対立が起きたときは、互いの言い分をまとめて妥協点を探ることが大切です。いずれかのメンバーに不満が残ると、モチベーションが下がることでパフォーマンスを発揮できなくなり、プロジェクトの進行に支障をきたす恐れがあります。

リーダーシップのある人物は、メンバーに不満が残らない形でトラブルを解決へと導けます。

プロジェクトの進行管理能力に優れている

リーダーシップがある人物は、メンバーをまとめ上げて、納期までにプロジェクトを完了する能力に優れています。リーダーシップがない人物は、メンバーをうまくまとめ上げられず、リスケジューリングが必要になることが多いのです。

業務遂行能力が高い

チームリーダーはメンバーと同じ業務を遂行しながら、リーダーとしての統率力や指導力を発揮する必要があります。業務遂行能力が低い場合、自分の業務に手いっぱいで、リーダーシップを発揮できないでしょう。

そのため、チームリーダーには優れた業務遂行能力が求められます。

リーダーシップを習得する方法

リーダーシップは、先天的な才能のようなものに加えて、これまでの経験によって成り立つものだと私は考えています。現時点ではリーダーシップがない人でも、努力次第でリーダーシップを習得できるでしょう。

それでは、リーダーシップを習得する方法について考察・解説します。

業務スキルを高める

リーダーシップを発揮するには、業務スキルを高めて、余裕をもって業務を遂行できるようになる必要があると考えています。業務スキルが高まると、少ないリソースの消費で優れた結果を出せるようになります。

残ったリソースをチームリーダーとしての業務に充てることで、リーダーシップを発揮しやすくなるでしょう。

積極的にチャレンジして経験を積む

メンバーの気持ちに配慮するには、さまざまな経験を積むことが重要だと考えています。苦労や挫折、成功、失敗など、さまざまな経験を積むことで、メンバーの気持ちがわかるようになるでしょう。失敗や挫折をしたメンバーに適切な言葉を投げかけることで、正しい方向へと導けます。

リーダーシップを習得したい方は、自分が苦手なことにも積極的にチャレンジしてください。失敗や成功に関係なく、全ての経験がメンバーの統率と指導に役立つでしょう。

メンバーの幸せを願えるようになる

チームリーダーの務めは、リーダーシップを発揮してプロジェクトを成功におさめると共に、メンバーの幸せなビジネスライフを実現することだと考えています。メンバーの幸せを願えるようになれば、正当な評価や適切な指導へと繋がり、結果的にプロジェクトの成功率を向上できるのです。

メンバーの幸せを願えるようになるには、メンバーと腹を割って話したり一緒に1つの目標を達成したりする必要があります。

論理的思考を身につける

リーダーシップにおける指導力を発揮するには、論理的思考を身につける必要があると考えています。論理的思考ができれば、メンバーが個人目標を達成できない理由やトラブルの原因がわかるため、適切な指導や統率が可能になります。

論理的思考を身につけるために、物事をツリー化して考えることが大切です。これは、企業の目標管理にも通じるものがあります。例えば、企業全体の目標を達成するには、部署、チーム、個人の目標を達成する必要がありますが、そのためには職場環境を整えたりパフォーマンスを引き出したりすることが必須です。

具体的に、職場環境をどのように整えればよいのか、パフォーマンスを引き出すにはどうすればよいのかというように、物事を論理的に考えることで、企業全体の目標を達成するために必要なことが見えてきます。

まとめ

リーダーシップがある人物は、統率力と指導力に優れています。同時に、統率力と指導力を発揮するためのリソースを確保できているのです。そのため、優れた業務遂行能力や論理的思考などが欠かせません。また、チームリーダーとして認められるには、豊富な経験に基づいた適切な指導と統率を行う必要があります。

リーダーシップの習得方法には正解がないため、今回の考察内容に限らず、さまざまな情報を集めて自分に合った方法を試してみてください。




開発チームのリーダーを募集中

株式会社キャパでは開発チームのリーダーを募集しています。
「実務経験を積んできたから、次はリーダーにチャレンジしてみたい」
「新しい環境でリーダー経験を活かしたい」など、
ぜひお気軽にご相談ください。
詳しくは


関連記事一覧