プロジェクトマネージャーとは?仕事内容を詳しく紹介

この記事を読むと以下の3つのことがわかります。

  • プロジェクトマネージャーの仕事内容
  • プロジェクトリーダーやプロダクトマネージャーとの違い
  • プロジェクトマネージャーになるためのキャリアパス

プロジェクトマネージャーの役割

プロジェクトマネージャーは、ひとことで言うならば、各企業がかかえるプロジェクトをマネジメント(管理)するのが仕事です。

プロジェクトマネージャーは元来、IT業界においてのみ設けられるプロジェクト進行の管理担当のことでした。しかし現在ではIT業界に限らずWeb分野などにおいてもプロジェクトマネージャーを置くことが多くなってきています。

企業においてプロジェクトをマネジメント(管理)するとはどういうことでしょうか。企業が抱えるプロジェクトにはさまざまなものがありますが、業界や業種を問わずどんなプロジェクトにも共通しているのは、「納期までに成果物をリリースすること」です。

プロジェクトマネージャーの最大の役割は、期日や納期までに商品やサービスを完成させ、提出できるように全体を管理することになります。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

ここからはプロジェクトマネージャーが「納期までに成果物をリリースする」ためにどのような仕事をしているのか、仕事の流れにそって紹介していきます。

プロジェクトに対する計画と立案

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの準備段階から携わります。クライアントとともに、どのようなプロジェクトを作り上げていくかといった構想段階から参加することもありますが、メインの仕事は進行管理です。

立ち上がったプロジェクトに対して社内で必要な人材や費用などを想定して確保します。人や物、お金といった資源についての想定に加え開発から完成までの工程数の計算や納期などを計画するのもプロジェクトマネージャーの仕事です。

アクシデント発生時の対応

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの進行管理について責任を負っています。とはいえ、プロジェクトは、すべてが問題なく進んでいくことの方が少ないもの。常に予想外の問題が発生していないかをチェックする必要があります。プロジェクトにはエンジニアやデザイナーといったさまざまなメンバーが関わっていますので、広い視野で全体をチェックする対応が求められます。問題に対して早めに対策を講じることや、臨機応変な対応ができるよう、管理者としてフットワークを軽くしておくことが重要となります。

プロジェクトに対して適宜報告する

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの進行中に発生した問題や課題に対しての改善点を、報告書などで社内で共有することも仕事の1つです。これを行うことで、社内で新たなプロジェクトが発足した際の参考資料にできます。

プロジェクトリーダーとの違いは?

プロジェクトの工程に関して、全体を統括するのがプロジェクトマネージャーです。プロジェクトマネージャーと混同されやすいものに「プロジェクトリーダー」という職種があります。どちらもプロジェクトに対しての役割ですが、プロジェクトマネージャーが全体の工程を管理するのに対し、プロジェクトリーダーは、現場の管理者です。

さまざまな部署やチームを横断してプロジェクトが進行していくなかで、プロジェクトリーダーは現場監督として率先してチームをまとめていく役割と考えると分かりやすいでしょう。単純に言えば、プロジェクトマネージャーはプロジェクトリーダーの上司にあたる存在です。

海外では主流のプロダクトマネージャーを知っておこう

日本ではあまり一般的ではありませんが、プロダクトマネージャーと呼ばれる職種があります。日本ではプロジェクトマネージャーをPMと略しますが、アメリカではPMと言えばプロダクトマネージャーのことであるというほど一般的に認知されている職種となります。外資系の企業であれば日本にあってもプロダクトマネージャーの意味でPMと略すことも多いです。

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーの違いについても簡単に確認しておきましょう。

プロダクトマネージャーの役割

プロダクトは製品と訳されます。ここで言う製品とは、工場などで生産する工業製品だけでなく、システムやソフトウェア、サービスといったものまでも含んだ会社の商品全体のことを指します。

プロダクトマネージャーは、企業におけるマーケティング活動全般の責任を持ち、管理する人のことを言います。企業が提供する商品やサービスすべてのマーケティングを統括する場合や、特定の商品についてのみ担当することもあります。マネージャーという言葉の意味から、職位のように思われますが、プロダクトマネージャーは、職種や役割を指す言葉です。そのため実際にマネージャー職などの管理職がプロダクトマネージャーを担当するとは限りません。

マーケティングとは既存の製品もしくは開発中の製品に対して、開発や流通、販売といったあらゆる面に携わって「モノが売れる仕組みを作ること」。プロダクトマネージャーはその責任者だと言えるでしょう。

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーの違い

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーは、響きこそ似ているものの、大きく役割が異なる職種です。

プロダクトマネージャーが、ユーザーや顧客の課題解決のためにどのような商品を作るか、どのように売り出していくかといったマーケティング視点で業務にあたるのに対し、プロジェクトマネージャーは、開発に必要なコストや、リリースにあたってどのようにスケジュールを組むのが適切かといった視点で関わっています。

プロダクトマネージャーには「なぜ作るか」、「何を作るか」といった「Why」や「What」といったマーケティング視点が求められる一方で、プロジェクトマネージャーには「いつまでに」「いくらで」「どうやって作るのか」といった「When」や「How much」、「How」が求められるという大きな違いがあります。プロダクトマネージャーとプロジェクトマネージャーは役割が異なるので、1つの商品開発に対して、両者が配置されることもあります。

プロジェクトマネージャーになるためのキャリアパス

プロジェクトマネージャーになるためには、1つの専門職をマスターするだけでは十分とは言えません。プロジェクトマネージャーは、開発工程の全体を管理する役割ですので、マネジメント力やリーダーシップも求められるからです。現場へ的確な指示を出すためには広い範囲の知識が必要になります。そのため、IT業界でプロジェクトマネージャーを目指すならプログラマーからシステムエンジニアを経て、プロジェクトマネージャーになるという流れが一般的になります。

まとめ

企業のプロジェクト進行においてとても重要な役割を担うプロジェクトマネージャー。全体の工程管理という立場から求められるレベルは非常に高いです。プロジェクトマネージャーを目指すなら、まずは現場を知るためにプログラマーなどの専門スキルを身につけることが近道になるでしょう。プロジェクトマネージャーになるために資格が必要なわけではありませんが、「プロジェクトマネージャー試験」というプロジェクトマネージャーを目指す人向けの試験があります。※注1

かなりの難関試験ですので、現場で経験を積みながら合格を目指してみるのもよいかもしれません。




開発チームのリーダーを募集中

株式会社キャパでは開発チームのリーダーを募集しています。
「実務経験を積んできたから、次はリーダーにチャレンジしてみたい」
「新しい環境でリーダー経験を活かしたい」など、
ぜひお気軽にご相談ください。
詳しくは


参考URL

注1

「IPA情報処理機構」プロジェクトマネージャー試験について

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/pm.html

関連記事一覧