テックリードとは?求められるスキル・仕事内容・将来性を解説!

チームメンバーがまとまらず、プロジェクトの進行に支障をきたしたりプロダクトの質が低下したりする場合は、テックリードの配置を検討してはいかがでしょうか。

本記事では、下記3つの内容を詳しく解説します。

①テックリードの仕事内容

②テックリードに求められるスキル

③テックリードの将来性

適任者をテックリードに配置すると、プロジェクトがスムーズに進行するうえに、プロダクトの品質向上が期待できます。テックリードの存在意義を踏まえて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

テックリードとは

テックリードとは、「エンジニアチームのリーダー」と「他部署との連携窓口」の2つを兼任するポジションです。エンジニアチームのリーダーとして進捗管理や環境整備などを行いつつ、窓口として他部署との連携や問い合わせ対応などを行います。*注1

テックリードとエンジニアリングマネージャーの違い

テックリードと混同されやすいのがエンジニアリングマネージャーです。エンジニアリングマネージャーは、テックリードと同じくプロダクトの品質向上や進捗管理などを行う役割があります。

両者の違いは、部下の有無です。

テックリードは、あくまでもチームメンバーの1人として役割を果たし、「部下」という概念を持ちません。一方、エンジニアリングマネージャーはエンジニアチームの上司として、部下の評価をしたりキャリアパスに責任を持ったりします。

テックリードの仕事内容と役割

それでは、テックリードの仕事内容と役割について詳しくみていきましょう。

開発環境の整備

チームの生産性を高めるために、開発環境の整備を行います。プロジェクトの進行を妨げる余計な業務、承認フローなどを取り除き、メンバーがパフォーマンスを発揮できる環境を整えることでプロジェクトを成功へと導きます。

進捗管理

プロジェクトの進捗状況を随時確認し、スケジュール通りに完成するようにメンバーのタスクを管理します。また、メンバーそれぞれがお互いの進捗を確認できるようにタスク共有ツールを導入したり、問題が起きたときはスケジュールを調整したりすることもテックリードの役割です。

必要に応じてミーティングを行い、作業の優先順位を見直したり現時点でのリスク要因を洗い出したりして、トラブルなくスケジュールが進行できるように注力します。

プロダクト設計の質の向上

チームのエンジニアと一緒にプロダクトを設計します。その際に、プロダクト設計の方針や使用するソフトウェア、データ形式の種類、保存方法など、設計に直接関係がない事項を決めることもテックリードの役割です。

他部署との連携の円滑化

エンジニアチームの窓口として他部署との連携業務を行います。テックリードが窓口として他部署との連携や諸連絡をまとめて行うことで、メンバーはプロジェクトの進行に集中できるようになるため、生産性の向上が期待できます。

問題解決と対策の立案

メンバーの相談役として問題が起きたときの対応に取り組みます。また、メンバー同士の確執による不満、意見の対立などが生まれたときは、全員が足並みを揃えてプロジェクトの完了に向かって進めるようにリードするのも重要な役割です。

例えば、月1回程度の頻度でメンバーと面談をして、意見や不満などを聞き出し、トラブルを未然に防ぐために対処することが挙げられます。

コードの品質向上

テスト手法や検証項目を決めて、コードの品質向上を促すこともテックリードの役割です。また、テックリードがすべてのコードの品質管理をすることは困難なため、メンバーが高品質なコードを作製できるように意識改革を促す必要があります。

コードの品質について小まめにフィードバックして、メンバーをサポートすることが重要です。

テックリードに求められるスキル

それでは、テックリードの役割を滞りなく果たすには、どのようなスキルが必要なのか詳しくみていきましょう。

全体を見渡せる高いマネジメント力

テックリードは、全体を見渡して進捗管理する必要があるため、優れたマネジメント力を求められます。技術的な問題だけではなく、メンバー同士の確執や不満、意見の対立などにも注目し、円滑にプロジェクトを進行できるようにマネジメントする必要があります。

課題解決力や洞察力、論理的思考、多角的な考え方などが求められるでしょう。

エンジニアとしての豊富な経験

テックリードが技術的な質問への回答やトラブル対応などができなければ、メンバーに負担がかかって生産性が低下します。そのため、エンジニアとしての高い技術力と経験が必要不可欠です。また、プログラミング言語や情報共有ツールの使い方など、メンバーをサポートするための知識が必要になります。

メンバーの心理面まで考慮したサポートスキル

プロジェクトの進行において重要なのは、メンバーの心理面まで考慮してサポートすることです。どれだけ優れた技術を持つメンバーでも、心理面に問題があればパフォーマンスを発揮できません。

メンバーが相談しやすいテックリードになるとともに、思いやりの気持ちでサポートできる必要があります。日頃からメンバーと密にコミュニケーションをとり、不安や悩み事があればいつでも気軽に相談されるテックリードを目指しましょう。

テックリードの将来性

テックリードは、適切なプロダクト設計や品質の向上、進捗管理などに欠かせないポジションです。そのため、テックリードが不要になる時代が到来する心配はないでしょう。テックリードからは、ITアーキテクトにステップアップすることも可能です。

ITアーキテクトは、企業戦略や要望を踏まえ、IT技術を用いたシステムの設計と構築を行う職種のため、テックリードとしてのスキルが高ければスムーズにキャリアアップできるでしょう。

また、テックリードとして高い評価を得ることで、CTO(最高技術責任者)へのキャリアアップも期待できます。エンジニアの視点に立ち、ビジネス戦略の立案やソフトウェアの導入などを行う職種のため、テックリードの経験が役立つでしょう。*注2

まとめ

テックリードは、プロジェクトの円滑な進行や適切なプロダクト設計、コードの品質向上、他部署との窓口などを担うポジションです。他部署との円滑な連携やメンバーのサポートなどが必要なため、エンジニアとしての技術力、経験だけではなく、高いコミュニケーション能力も求められます。

テックリードを目指す人は、エンジニアとしての知識や技術、コミュニケーションスキルなどを磨きましょう。




開発チームのリーダーを募集中

株式会社キャパでは開発チームのリーダーを募集しています。
「実務経験を積んできたから、次はリーダーにチャレンジしてみたい」
「新しい環境でリーダー経験を活かしたい」など、
ぜひお気軽にご相談ください。
詳しくは


■参考文献

注1,2

https://freelance.levtech.jp/guide/detail/1108/

関連記事一覧