【エンジニア向け】スペシャリストとマネージャーどちらを目指すのが正解?

ITエンジニアとして働く際、将来の選択肢として、スペシャリストとマネージャーのどちらを目指すべきか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

就活時にはっきりとどちらを選ぶべきか決めておく必要はありませんが、将来へのキャリアパスとして、それぞれの働き方や違いを理解しておくことは重要だと言えます。

そこで本記事では、スペシャリストとマネージャーの違いを解説するとともに、エンジニアとして働く上で考えられる複数のキャリアパスについて解説をします。将来の自分の選択肢を広げたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

マネージャーが担当する仕事内容

まずは、マネージャーが担当する主な3つの仕事内容について見ていきましょう。

  • チームマネジメント
  • お客様対応
  • スポットでの開発担当

それぞれの仕事内容を順番にご説明します。

チームマネジメント

まずは、マネージャーとしてチームのマネジメントを行います。具体的には、お客様の予算を踏まえたうえで、タスクや納期・開発に置けるリソースを洗い出し、プロジェクトのメンバーを決定します。

開発がスタートしたら、開発の進捗を常に管理しつつ、定期的にミーティングを設けることや、必要十分なコミュニケーションの機会を設け、プロジェクトの失敗やトラブルを防ぎます。

また、予算などが大きい大規模プロジェクトの場合は、開発部門ごとにそれぞれのリーダーを立てることも仕事の1つです。この場合、マネージャーは「全体統括」としてプロジェクトのミスを防ぐだけではなく、それぞれの部門で働くエンジニアの方たちの労働時間も管理する必要があります。

マネージャーは、基本的に複数のプロジェクトを同時に進行させる役割であることを理解しておきましょう。

お客様対応

2つ目は、お客様対応です。仕事の流れとしては、まずは営業担当者が仕事を獲得してきた後に、マネージャーに案件が振られる形となります。

その後は、プロジェクトマネージャーが案件の指揮を取るため、お客様からは「プロジェクトの責任者」であると認識をされます。

定期的な進捗報告を自発的に行うだけでなく、お客様からの質問には明確かつわかりやすく答えることが必要です。お客様がITの分野に知見があるとは限らないため、専門性のある責任者として相手が理解しやすい言葉を選ぶようにしましょう。

さらには、プロジェクトの進行途中でお客様から新たな要望があった場合は、予算の追加をお願いすることもマネージャーの仕事です。的確な予算を提示する必要があるため、常にプロジェクト全体の状況を適切に把握しておくことが欠かせません。

スポットでの開発担当

最後に、プロジェクトの人員やリソースが足りないと判断した場合は、マネージャー自身もスポットで開発することもあり得ます。本来であれば、リソースが足りなくならないように人員を管理する必要があるものの、予算や納期次第では自分も開発する必要があることを理解しておきましょう。

マネージャーとしての仕事に慣れてこれば、少ない人員であっても、トラブルを防ぎつつ、自分の手を動かさなくてもプロジェクトを進行できるようになっていきます。

スペシャリストが担当する仕事内容

マネージャーが担当する仕事を解説してきましたが、ここからは、スペシャリストが担当する3つの仕事内容について見ていきましょう。

<ul>

  • 設計・開発
  • チームマネジメント
  • スキルの向上
  • それぞれの仕事内容を順番に解説します。

    設計・開発

    まずは、プロジェクトの設計や開発を行います。設計においては、マネージャーが全体の設計を行い、スペシャリストは裏側の設計を担当します。具体的には、データベースの構築や、サーバーの設置などが挙げられます。

    また、要件定義と非要件定義と呼ばれる業務があり、スペシャリストは非要件定義の設計も担当することが特徴です。データベースの検索時間を「0.5秒以内に抑える」などが設計の一例です。

    これらの設計を基に、実際にプロジェクトの開発を行っていきます。

    チームマネジメント

    2つ目は、チームマネジメントです。マネージャーがプロジェクト全体のマネジメントをすることに対して、スペシャリストはプロジェクトを円滑に進められるよう、チームメンバーのより細かな点に対してマネジメントを行います。

    開発においてはスペシャリストが指揮を取るケースも少なくないため、細かなタスク管理や技術的課題の解決・実装して機能が動くかどうかなどを担保するのがスペシャリストの役割です。

    スキルの向上

    最後に、設計や開発に置けるスキルの向上が挙げられます。スキルの工場に関しては、自分自身に限らず、チームメンバー全体の向上を考えることが重要です。

    スペシャリストになれる人材というのは、その時点である一定以上の高いスキルは保有しています。しかし、開発を担当するメンバーは自分だけではないため、技術的課題があるメンバーの成長を考えることや、ときには「メンター」として開発のサポートをすることも大切です。

    また、日々テクノロジーは進歩しているため、メンバー全体が最新の情報にキャッチアップできるよう、自分自身も率先して新しい知識を取り入れるよう行動していくことを心がけましょう。

    エンジニアとして考えられるキャリアパス

    これまで、マネージャーやスペシャリストに置ける仕事内容を解説してきましたが、エンジニアとして働く上では、他にもいくつかのキャリアパスが考えられます。

    たとえば、エンジニアとして「開発コンサルタント」を担当するケースです。マネージャー以上に全体的な業務内容を理解する必要があり、お客様の業界や商品についても知識を深める必要があるため、非常に難易度が高い仕事だと言えます。

    しかし、自分がコンサルタントとして結果を出すことができれば、開発者以上に喜びを感じられ、マネージャーとしての最終形態だと言えるかもしれません。

    スペシャリストであれば、高いレベルの成果を継続できたら、「CTO(最高技術責任者)」として、ベンチャー企業の経営幹部になることも可能です。

    これから働き始める方にはイメージが抱きづらいかもしれませんが、こういった仕事もあるのだと、新しい理解を深めてみてはいかがでしょうか。

    まとめ:スペシャリストとマネージャーに必要なスキルを踏まえて選択しよう

    スペシャリストとマネージャーの仕事内容の違いについて解説をしてきました。それぞれの仕事内容によって求められるスキルも異なり、人によって向き不向きも異なります。

    あなた自身もそれぞれの仕事内容を知ったうえで、どちらが自分に向いているのか、多少なりとも考えられる材料が増えたのではないでしょうか。

    また、シンプルに全体を統括するのが好きな方はマネージャーを、開発が好きな方はスペシャリストを目指してみることもありかもしれません。

    まずは、それぞれの仕事内容を理解したうえで、今一度将来のキャリアパスについて考えてみてはいかがでしょうか。




    開発チームのリーダーを募集中

    株式会社キャパでは開発チームのリーダーを募集しています。
    「実務経験を積んできたから、次はリーダーにチャレンジしてみたい」
    「新しい環境でリーダー経験を活かしたい」など、
    ぜひお気軽にご相談ください。
    詳しくは


    関連記事一覧