ビジネス視点を持ったエンジニア「ビジネスエンジニア」とは

この記事では以下の2つのことが分かります。

・ビジネスエンジニアとは何か

・ビジネスエンジニアの重要性

・ビジネスエンジニアに必要なスキル

ビジネスエンジニアとは

エンジニア職にはシステムエンジニアをはじめ、さまざまな職種があります。しかし、ビジネスエンジニアという職種を耳にしたことがある方は少ないのではないでしょうか。

実際のところビジネスエンジニアにははっきりとした定義はなく、その言葉の使われ方もさまざまです。ビジネスエンジニアは主に、「ビジネスの仕組み作りをする人」、「提案力や営業力といったビジネス能力を持ったエンジニア」の2つの使われ方があります。前者はエンジニアが開発職であることから発想された言葉で、開発するものは情報システムに限りません。後者はビジネスパーソンとエンジニアを合わせた言葉と考えるとイメージしやすいでしょう。この記事ではビジネスエンジニアを、使用頻度が高い後者の「ビジネス能力を持ったエンジニア」という意味と定義して解説していきます。

ビジネスエンジニアの重要性

まだまだ新しい言葉で一般に浸透しているとは言えないビジネスエンジニアですが、これからは単なる一人の技術職としてのエンジニアではなく、エンジニアの能力にプラスアルファの能力を持つ人間の需要が高まっていくと考えられます。

これは、システムを商材として扱う企業の営業職をイメージすると分かりやすいでしょう。新卒からずっと営業職を続けてきた人は、高い営業力を持っています。しかし、その人が技術に関する知識もあれば、商材の説明にもより説得力が増しますしエンジニアとのコミュニケーションも円滑にいくはずです。つまりビジネスの世界で生きていくためには1つの能力を持つよりも、複数の能力をかけ合わせて独自性を持つ方が重宝されやすいのです。

エンジニアには、自身の技術を磨いていくことに強いやりがいを感じていて、できることならずっと開発していたいという方が少なくありません。もちろん自身の知識を深め、技術を洗練させていくことは重要です。しかしエンジニアとして開発を続けたいと思うのなら、今の仕事がこのまま続けられる保証がないことにも頭に入れておかなければなりません。単純に会社の方針で体制が変わる場合や、経営の悪化でエンジニアの数を減らさざるをえなくなり、結果として職を失う可能性も否定できませんよね。

つまり、エンジニアとしての技術力が優れてさえいれば、一生安泰なんてことは残念ながらないわけです。それならば、周りのエンジニアよりも重宝されるエンジニアになる必要があります。そのためにエンジニアとしての技術力に加えてプラスアルファの能力を身につけておくべきなのです。ここで言うプラスアルファの能力とはシステムエンジニアの方がネットワークエンジニアやサーバーエンジニアの能力も身につけるといったものではなく、営業やマーケティングといったエンジニアとは別ジャンルの能力のことを言います。

ビジネスエンジニアに必要なスキル

ビジネスエンジニアを目指すにあたって重要なのは、エンジニアとしての独自性です。求められるエンジニアとなるためにおすすめのスキルと、その身につけ方を紹介していきます。

営業力

技術職と対極といってよいものが営業職でしょう。技術力と営業力は対極のスキルだからこそ、身につければ大きな武器になります。

どんな業種であれ「何かを売る」のが営業の仕事です。商材をおすすめしてクライアントに「売る力」が求められるように感じますが、実は重要なのはヒアリング力です。

相手の話を聞かずに自分の話ばかりする人に好感を抱いたり、助けてあげたいと思ったりする人はいませんよね。営業の世界でも同じです。自社の商品を「売ろう売ろう」とするあまり、クライアントのニーズをヒアリングできずに話してばかりの営業職では成果はあげられません。

ヒアリング力とは、相手の状況を理解する力だけでなく、「相手の見えない課題を発見する力」も含みます。クライアントが商品を購入しようとするのは「困っていることが解決できるから」に尽きます。当然のことではありますが必要がないものは購入してくれるはずがありません。商品をすすめる「話す力」ではなく、相手が気づいていないような深いニーズを探りあてる「聞く力」を身につけていきましょう。

マーケティング力

マーケティングとは、企業が持つサービスや製品といった商品を売るための戦略全般のことを指します。クライアントや消費者に実際に商品を買ってもらうためにアプローチをかけるのは営業の仕事ですが、商品の企画や開発、値段設定、PR方法などを策定するのはマーケティングの仕事です。そのため、会社においてマーケティングは非常に重要な役割と言えます。

「誰に何をいくらでどのように売るか」といった販売戦略の知識やスキルを身につければ、市場で何が求められているのかについて考えられるようになります。単純に会社に言われたものを開発するエンジニアと、マーケティング視点を持って会社に提案できるエンジニアでは、どちらに需要があるかは明確ですよね。

マーケティングの能力を高めるために関係してくるのは「消費者目線」と「好奇心」です。商品を売るには、買ってくれる人が必要です。ユーザーがどのような状況のときに、どのような気持ちで商品を購入するのか、それが予測できないことにはすべて始まりません。マーケティングのヒントは日常生活にあることも少なくありません。自身の業種に限らない広い範囲で興味を持ち、気になったことはそのままにせず自分で調べていくようにしましょう。

まとめ

エンジニアとしてこれからも活動していきたいと考えるのなら、自身をビジネスエンジニアにレベルアップさせようという意識も重要になります。ぜひエンジニアとしての技術だけでなく、他ジャンルのスキルを身につけて自分だけの武器を持ったエンジニアを目指してください。




開発チームのリーダーを募集中

株式会社キャパでは開発チームのリーダーを募集しています。
「実務経験を積んできたから、次はリーダーにチャレンジしてみたい」
「新しい環境でリーダー経験を活かしたい」など、
ぜひお気軽にご相談ください。
詳しくは


関連記事一覧