エンジニア→営業→新規事業立ち上げ⁈マルチに活躍する社員にインタビューしてみた

こんにちは、株式会社キャパ 採用担当の大塚です。

今回は、入社4年目 経営企画室でRPAを担当する小島さんにインタビューしてみました。タイトルの通り、開発部→営業部→経営企画室 と3つの部署を経験しているキャパ唯一の社員です。

現在の業務内容

10月から経営企画室に配属となり、RPAに関する記事作成、広告出稿、調査、社内業務の自動化、コーポレートサイト改修に取り組んでいます。

また、経営企画室はマーケティングの部署なので、GoogleAdWordsやミエルカなどの分析ツールの使い方を教えてもらいながら、様々なマーケティング知識を学んでいます。

(最近よく耳にするRPAとは・・・?)|

新卒でエンジニアになろうと思った理由

就活当時SNSやソーシャルゲームが流行っていて、「アプリってどのように作られているのか?」と興味を持ったのが、エンジニアになりたいと思ったきっかけです。

プログラミング未経験で入社しましたが、新人研修でC言語とobjective-cを習い、iPhoneアプリ開発を経験しました。そして研修後、旧スマートデバイスサービス部に配属され、Webシステムとアプリケーション開発に3年間携わりました。

その後エンジニアから営業部へ
エンジニアでアプリケーション開発工程を知って、入社3年目を機に社会人として次のステップに進みたいと考え、営業にチャレンジしようと思いました。

キャパでは自社でマーケティング活動を行い、お問い合わせをいただいてるので、飛び込み営業などは一切ありません。お問い合わせいただいたお客様先に訪問して、要望を伺うのがメインの業務です。お客様の要望を持ち帰って社内共有、状況確認をしながら受注できるよう努めました。

キャパの好きなところ

キャパを一言でいうなら『FREE』です!(笑)

フレックスタイム制なので、1日の勤務時間を調整しているのでプライベートも充実しながら仕事することができます。また、書籍購入費用やセミナー・勉強会費用を会社が負担してくれるので、最近はRPAやマーケティングに関する本を多く読んでいます。

今後の目標
RPAはキャパの新たな取り組みなので、毎日手探りの状態ではありますが、社内の定型的なルーティンワークを自動化して会社の労働力としてRPAを活用できたらいいなと思っています。

ご協力ありがとうございました!いつも気さくな小島さんの新たな一面を知れた気がします。




会社案内資料を公開中

もっと詳しくキャパが分かる!
会社案内資料を公開しています。
・データで見るキャパ
・特徴や働いているメンバー
など詳しくは


関連記事一覧