リーンキャンバスとは?新規事業で役立つフレームワークを解説

この記事を読むと以下の3つのことがわかります。

①リーンキャンバスとは?

②リーンキャンバスの作成方法

③リーンキャンバスを作成するメリット

リーンキャンバスとは?

リーンキャンバスは、新規事業やスタートアップ企業のビジネスモデルをまとめるために活用されているフレームワークです。

リーン(Lean)という言葉には「無駄がない、効率的な」という意味があります。リーンキャンバスは、新規事業のアイデアを整理して効率的かつ素早く事業化するためのツールとして誕生しました。

リーンキャンバスでは、1枚の紙に9つの要素を書き出すことで新規事業のビジネスモデルを整理します。重要な要素が1枚の紙でまとまっているため、ビジネスモデルを俯瞰して見れるようになるという特徴があります。

また、新規事業を進める中では、顧客のニーズとのズレや、うまく収益化できないといった課題にぶつかり、ビジネスモデルを修正する必要が生じるでしょう。その時には、リーンキャンバスを見直して改善することで、ビジネスモデルを素早く修正できます。このように、ビジネスモデルの検証と修正を素早く行えることも、リーンキャンバスの特徴です。

リーンキャンバスの作成方法

リーンキャンバスは、下の図のようなワークシートに9つの要素を書き出すことで完成します。

下の図では、9つの要素に色を付けてより細かく分類しており、自社に関わる要素(青)、顧客に関わる要素(オレンジ)、自社が顧客に提供する価値(紫)、これらを支える資金構造(緑)で構成さしています。*1

9つの要素をすべて記入するのが好ましいですが、現時点で記入できない要素があれば、空欄にしておいても構いません。それよりも、記入できる部分だけでも記入して、ビジネスモデルを素早く検証することを優先しましょう。リーンキャンバスは、継続的に改善することが前提となっているため、いきなり完璧を求めすぎないようにするのがポイントです。

9つの要素には番号が振られており、その番号順に記入するのがおすすめです。番号に沿って、各要素を1つずつ解説していきます。

①顧客セグメント

新規事業においてターゲットとなる顧客層を記入します。顧客セグメントが決まることで、新規事業の方向性を定めることができます。なるべく具体的に顧客イメージを記入することがポイントです。今までにない新しい事業であれば、積極的に利用してくれそうなアーリーアダプターと呼ばれる顧客層がどのような人なのかを検討すると良いでしょう。

②課題

顧客は何かしらの課題を抱えており、解決したいと悩んでいます。顧客がどのような課題を抱えているのかと、その課題の原因を考えて記入しましょう。複数記入するべきですが、多すぎても方向性がぶれてしまうため、重要度の高い3つの課題に絞って記入することをおすすめします。

③独自の価値提案

新規事業で自社が顧客に提供する価値を記入します。独自のものであればあるほど、他社との差別化ができるため顧客から選んでもらいやすくなります。9つの要素の中で特に記入するのが難しい項目の1つであり、顧客の視点に立って考え続けることが重要です。

④ソリューション

顧客が抱えている課題を解決する具体的な方法を記入します。「②課題」を基にして、商品やサービスの具体的な内容を考えて記入しましょう。また、「③独自の価値提案」を考慮することで他社と差別化する要素を含んだ方法を検討できます。

⑤チャネル

顧客に商品やサービスをどのように紹介していくかを記入します。1つに絞り込むのではなく、複数のルートを想定することがポイントです。営業や実演販売などのオフラインの活動だけでなく、Webサイトや広告、SNSを活用するといったようにさまざまなチャネルを使い分ける必要があります。

⑥収益の流れ

新規事業で利益を得るための収益源を記入します。誰から、どのように、いくらでといった要素を書き出していくことで、具体的な収益化の流れを検討できます。商品やサービスの対価として直接収益を得る以外にも、サブスクリプションで継続的な収益を得たり、広告収入を得るといった手段も検討できます。

⑦主要指標

新規事業が成功したかどうかを測定するための主要な指標を記入します。達成できたかどうかを数値で明確に測定できる指標を設定する必要があります。

⑧コスト構造

顧客に商品やサービスを提供するために必要なコストを記入します。固定費・変動費の両方の観点で内訳を記入することで、より具体的にビジネスモデルが成り立つかどうかを考えることができます。

⑨圧倒的な優位性

自社にはあるが、他社にはない独自の優位性を記入します。簡単に真似ができない強みがあれば、他社の参入を防ぐための障壁となり得ます。もし現時点で思いつかないようであれば、何があれば他社より優位に立てるのかという視点で考えてみましょう。

リーンキャンバスを作成するメリット

最後に、リーンキャンバスを作るメリットをまとめて紹介します。新規事業を検討するときに役に立つフレームワークなので、ぜひ活用してください。*2

  • 作成コストがかからない

リーンキャンバスは1枚の紙があれば作成できる簡単なフレームワークです。重要な要素だけに絞ってあるため、30分から1時間ほどでも作成できます。そのため、作成コストをほとんどかけずにビジネスモデルを素早く検証できるという特徴があります。

  • ビジネスモデルが分かりやすくなり、共有しやすい

新規事業のビジネスモデルを検証するうえで重要な要素が1枚の紙にまとまっているため、パッと見ただけで全体像が分かりやすく、社内での共有もしやすいです。新規事業のプロジェクトチーム内で素早く共有することで、新規事業をスピーディに進めることができるでしょう。

  • ビジネスモデルの検証と改善が素早く行える

リーンキャンバスを作っておけば、いつでも新規事業のビジネスモデルを見直すことができます。新規事業の立ち上げが最初のアイデア通りに進むことはほとんど無いと言ってもよく、何かしらの課題にぶつかって方向性を見直したり、改善する必要が生じるでしょう。課題にぶつかるたびにリーンキャンバスを見直して改善することで、新規事業を正しい方向に修正できます。

まとめ

今回は、新規事業を検討するときに役立つフレームワークとして、リーンキャンバスの使い方やメリットを紹介しました。

リーンキャンバスを使いこなすことができれば、新規事業プロジェクトのメンバーとして、社内での存在感を高めることができるでしょう。しかし、いきなり使いこなすのは難しいフレームワークでもあります。

本記事で紹介した内容を参考にしつつ、まずは自分がよく使っていたり、話題になっている商品やサービスをサンプルとして、リーンキャンバスを作る練習をしてみてはいかがでしょうか。




会社案内資料を公開中

もっと詳しくキャパが分かる!
会社案内資料を公開しています。
・データで見るキャパ
・特徴や働いているメンバー
など詳しくは


参考URL

注1

Battery 「ビジネスモデルキャンバス・リーンキャンバスとは?分析を通して磨き上げられたビジネスへ」

注2

ITプロパートナーズ 「リーンキャンバスとは?その目的から作り方の事例を紹介」

関連記事一覧