BIMと3DCADの違いとは?設計方法の差からBIMの活用メリットまで解説

BIMは、設計における全ての情報を一括で管理・共有できるツールです。その利便性の高さから、建築ビジネスを変革させる存在とまで言われています。

しかし実際には「3D CADとの違いがわからない」「具体的な導入メリットがわからない」という人も多いのではないでしょうか。本記事では、BIMと3D CADの違いについて、以下の3つの観点から解説します。

この記事でわかること

①BIM、3D CADとはそれぞれ何か

②BIMと3D CADの違い 

③BIMを導入するの3つのメリット

BIMについて詳しく知りたい方や、BIMの導入を検討している方は、参考にしてみてください。

BIMと3DCADの違いとは

結論からまとめると、BIMと3D CADの違いは以下の2点です。

  • 3DCADは「模型に情報を追加する」、BIMは「模型が情報を持っている」
  • 3DCADは「2Dを3D化する」、BIMは「3Dで設計する」

これらの違いについて、BIMと3DCADについてそれぞれ紹介しながら、詳しく解説していきます。

3DCADとは

3D CADとは”3D Computer Aided Design”の略です。3DのCAD、つまり2Dの図面をPC上で3Dに拡張したものを指します。

3D CADの設計の流れを簡単に説明すると、以下の通りとなります。

  • 2Dの図面を作る
  • 3Dのへ拡張する
  • パーツを組み立る
  • 模型に関する情報を追加する

「一度2Dの図面を作成してから、3Dへ拡張し、各パーツにサイズなどの情報を追加する」という手順を踏むため、例えば修正が必要な場合は、2Dの図面から直す必要があります。また、高さや幅、奥行きといったパーツに関する情報は、1つ1つ設定していく必要があります。

BIMとは

BIMとは”Building Information Modeling”の略称です。日本語にすると「ビルディング(=建物) インフォメーション(=情報) モデリング(=設計)」。つまり、建物に関する様々な情報を基にして、PC上に立体モデルを設計していく仕組みです。

ここで特に重要なのは「情報」です。ここでいう「情報」には、寸法、材質、構造、重量、価格、型番などが含まれます。つまり、BIMでは壁、天井、窓など各パーツごとに詳細な情報が与えられているのです。すでに情報が載せられているパーツを組み合わせて設計していくイメージです。

BIMでの設計は最初から3Dで行います。2D図面が必要な場合には、3Dから切り出し作成します。また、BIMでは1ヵ所を修正すると、関係する部分が全て自動的に反映されるため常に整合性が保たれるというメリットもあります。

BIMの3つのメリット

BIMのメリットは様々ありますが、大きくいうと以下の3つに集約されます。

  • 効率良く設計を進められる
  • 誰にとってもわかりやすい
  • メンテナンスや調達にも使える

ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

効率良く設計を進められる

設計の作業効率が向上することが、BIMを利用する1つ目のメリットです。

先述の通り、3DCADでの設計は、はじめに2Dの図面を作り、それを3D化するというのが基本的な流れです。そのため、もし修正が必要な場合には、基になる2Dの図面の修正をして、3DCADに反映させる手順を踏む必要がありました。

一方BIMでは、ひとつの設計モデルを構成するパーツの全てが連動しています。そのため、たとえ修正が必要な場合であっても、1ヵ所を修正すればそれが平面・立面・断面図、パース、数量表など全てに反映されるます。全てのパーツが連動しているため、修正が自動で行われ、整合性を保ちながらも設計に費やす時間を大きく削減できるというメリットがあります。

誰にとってもわかりやすい

2つ目のBIMのメリットは、直観的であり、誰にとっても設計図がわかりやすいことでしょう。

たとえば2D図面では、設計をひと目見て完成予想をイメージしたり、内容を理解したり、問題点を挙げたりできるようになるまで、学習と経験が必要でした。2Dを基に設計する3D CADも同様に、実際に図面を引けるようになるまでには勉強が必要です。

しかし、BIMであれば3Dかつ、パーツに関する全ての情報が詰まっているため、設計図に慣れていない顧客や、新入社員にとっても理解しやすいです。また、BIMでは3Dを基にして設計をしていくため、早い段階で顧客や関係部署と完成イメージを共有できます。関係者全員がが同じ認識を持ちながら、スムーズにプロジェクトを進められるというメリットにつながります。

建物の維持管理・資材管理にも活用可能

3つ目のメリットは、BIMは設計だけでなく、メンテナンスや資材管理にも活用できる点です。

ここまで見てきた通り、BIMは3Dのパーツの集合体です。各パーツには幅・奥行き・高さのほか、型番や材質、コスト、組み立てにかかる時間なども追加できます。つまり、BIMでは3D CADでは盛り込まれなかった様々な図面以外のデータを引き出せるため、設計以外にも活用できるのです。例えばパーツに品番、メーカー、価格などを詳しく入れることで、建物の維持管理や資材管理にも活用できるでしょう。

1つの模型に関するあらゆるデータを一括で管理して、すべての部門で共有することで、業務・目的を問わず活用できることが、BIMを活用する3つ目のメリットです。

まとめ

ここまで、BIMと3D CADの違いについて解説してきました。

BIMと3D CADの大きな違いを簡単に言うと「3DCADは模型に情報を追加するのに対して、BIMは模型が情報を持っていること」、「3DCADでは2Dを3D化するのに対して、BIMでは3Dで設計すること」とまとめられます。

BIMのメリットは、設計の作業効率を上げられること、わかりやすいこと、メンテナンスや調達にも活用できることです。

この記事を参考に、BIMの導入を検討してみてください。

関連記事一覧