Unityで3Dゲームを作るには?メリットや作り方を紹介!

この記事を読むと以下の3点がわかります。

  1. Unityとは?
  2. Unityで3Dゲームを作るメリット
  3. Unityで3Dゲームを作る方法

Unityは2Dや3Dゲームを開発するためのゲームエンジン(開発環境)のことです。最近のゲームでは「ポケモンGO」の開発に使用されたことで有名になりましたね。

この記事では、Unityで3Dゲームを作るメリットや作る方法について解説しております。

Unityとは?

UnityはUnity Technologies(ユニティ・テクノロジーズ)が提供しているゲームエンジン(開発環境)です。ゲームエンジンとしては世界で1番のシェアを誇っており、世界で最も利用されているゲーム開発環境です。

Unityの活用事例としてはゲーム業界はもちろんですが、自動車産業ではアラウンドビューモニターなどのVR機能に利用されていたり、医療の現場では人体解剖に関するアプリケーションや3D模型などに利用されていたりとゲーム業界以外でもUnityが幅広く活用されています。

Unityで3Dゲームを作るメリット

Unityで3Dゲームを作るメリットは下記のとおりです。

  • ゲーム開発の現場での利用率が高い
  • プログラミングなしでもゲーム開発ができる
  • マルチプラットフォームに対応
  • ゲームの素材を販売するサイトがある
  • 無料で利用可能(特定条件あり)

順番に説明していきます。

ゲーム開発の現場ではUnityが最も利用されている

Unityは世界で最もシェアが高いゲームエンジンであり、「ポケモンGO」や「白猫プロジェクト」などさまざまなゲームがUnityにより開発されています。そのため、Unityはゲーム業界で働きたいなら第一に習得すべきスキルと考えられます。

また、医療や建築などゲーム以外の業界でもUnityが活用されてきているため将来的にゲーム以外の業界で活躍できるかもしれません。

プログラミングを使わなくてもゲームを開発できる

Unityはプログラミングを使わなくても簡単な3Dゲームの制作ができます。

いままでゲーム制作に興味があったけどプログラミングが理解できなくて挫折したという方は多いと思います。そんな方でもUnityなら簡単にゲーム制作がはじめられるため、作ってみておもしろかったら本格的にプログラミングを含めて勉強してみるのも良いですね。

Unityに使用されているC#やJavaScriptを勉強すれば高度なカスタマウイズもできるので、より本格的なゲームを作れますよ。

PC、スマホ、家庭用ゲーム機でも動かせる【マルチプラットフォーム対応】

UnityはPC(Windows、Mac)やスマホ(iOS、Android)、家庭用ゲーム機(Playstation、Xboxなど)、VR/AR機器などさまざまなプラットフォームに対応しています。

プラットフォームによって使用するプログラミング言語が変わることはありませんので、安心して一つのゲームの制作に打ち込めます。プラットフォームに縛られないこともUnityが世界で最も使用されている理由の一つですね。

ゲームの素材を販売するサイトがある【無料もあり】

UnityにはUnityAssetStoreというゲーム制作に便利な素材やツール(プラグインなど)を販売しているサイトがあります。世界中のクリエイターの作品がUnityAssetStoreで公開されています。

ゲーム制作には3Dモデルにイラスト、アニメーション、エフェクト、曲などさまざまな素材が必要になってきます。UnityAssetStoreで入手すればゲーム制作の効率をあげることができます。

無料、もしくはお手頃な価格でゲーム制作の素材やツールが公開されています。すべて自分で作る必要はないと思うと少しゲーム制作のハードルが下がりますね。

特定の条件で無料利用できる【学生プランもあり】

Unityの基本機能が利用できるUnity Personalは1年間の収益が10万ドル以下であれば無料で利用できます。個人であればそうそう超えるような条件ではないかと思いますので、ほぼすべての方が無料で利用できるでしょう。

学生向けのUnity Studentはさまざまな業界の業務に利用されているプロフェッショナルな開発ツールが無料で利用できます。

Unityで3Dゲームを作る方法3ステップ

Unityで3Dゲームを作る方法を3ステップで解説していきます。

  1. Unityをダウンロードする
  2. チュートリアルを見ながらゲームを作ってみる
  3. ゲームが作れたらPCやスマホで動かしてみる

順番に解説していきます。

Unityをダウンロードする

まずはUnityの公式サイトからアプリケーションをダウンロードしてPCにインストールしましょう。はじめて利用する方は初心者向けのチュートリアルが付属したパッケージをおすすめします。

下記のリンク(公式サイト)からインストールファイルがダウンロードできます。

Unity で制作を始める

まずはチュートリアルから始めてみよう

Unityのインストールが終わったら付属のチュートリアルに沿ってゲームを作ってみましょう。

付属のチュートリアルでは5種類のゲームが30分程度で作成できます。「クリエイティブMOD」というカスタムツールも付属していますので、チュートリアルのゲームが作れたら自分のアイデアを加えてオリジナルのゲームを変身させましょう。

公式ページにはもっと詳しくUnityについて学べるUnity Learnというチュートリアルもあります。本格的にゲーム制作を学びたい方はUnity Learnもやってみましょう。*注1

ゲームを作ったらPCやスマホで動かしてみよう

ゲームが作れたら動作の確認をしましょう。

PCやスマホなどそれぞれのプラットフォームに適した形式に出力することをビルトと呼びます。まずはUnity上(開発環境)で動かしてみて動作を確認。問題なければPCやスマホ用にプレイヤーをビルトし、それそれのプラットフォーム上で動かしてみましょう。

まとめ

Unityはゲーム業界で最も利用されているゲームエンジンであり、その普及はゲーム業界にとどまらず医療、建築、自動車業界などさまざまな業界で利用されています。

Unityは今までプログラミングが理解できなくてゲーム制作を敬遠していた方でも簡単にゲーム制作にチャレンジできます。この記事を読んでUnityに興味を持った方は、ぜひゲーム制作にチャレンジしてみてください。




エンジニア募集中

株式会社キャパでは中途エンジニアの募集をしています。
私たちと一緒に働きませんか?
募集概要について詳しくは


注1:Unity で制作を始めるUnity Learn

関連記事一覧