3DCADを建築学生は学ぶべき?必要な理由と学んでおきたいソフトを紹介

この記事を読むと以下の3点がわかります。

  1. 建築業界向けの3DCADについて
  2. 建築学生が3DCADを学ぶべき理由
  3. 建築学生が学んでおきたい3DCADソフト

3DCADは業界を問わず多くの企業で普及してきており、建築業界でも例外ではありません。

この記事では建築業界を目指す学生に向けて3DCADを学ぶべき理由と学んでおきたい3DCADソフトを紹介しております。

3DCAD(建築業界向け)とは?

3DCADにもさまざまなソフトがあり、業界により利用されているソフトが違います。

建築業界においては3DCADの他にBIMといったソフトも普及してきております。3DCADとBIM、それぞれの特徴を紹介していきます。

3DCADの特徴

3DCADは2次元の平面図面に高さの情報を入力することで、3次元の立体にモデリングしていきます。

従来の2次元図面では図面の知識がない方には完成した建物のイメージがつきにくかったですが、3DCADは立体モデルですので視覚的にイメージしやすくなります。

設計者としても2次元図面と立体のモデルで確認できますので、問題点に気づきやすく設計の手戻りが削減できるというメリットもあります。

BIMの特徴

BIMとはビルディング・インフォメーション・モデリングの略称です。

3DCADは2次元の図面から3次元のモデルを作成していきますが、BMは3次元モデルを先に作り必要な2次元図面は3次元モデルから切り出していきます。

また、BIMはドアや窓、壁などのパーツを組み上げて建物を構築していきます。それぞれのパーツで寸法や材質、構造、重量などの情報をもっており、その情報を書き換えることで3Dモデルと関連する図面に反映されるため、図面修正の手間を大幅に削減できます。

建築学生が3DCADを学ぶべき理由

建築学生が3DCADを学ぶべき理由は下記の3点です。

  1. 建築業界の企業の多くは3DCADを導入している
  2. 就職した現場で3DCADの対応に苦労する
  3. 3DCADやBIMを学んでいる学生もいる

詳しく説明していきます。

多くの企業が3DCADを導入している

建築業界では製造業に比べ3DCADの普及が遅れていましたが、すでに多くの企業が3DCADの運用を始めており、3DCADやBIMの普及が進んできております。

当然ながら企業は建築学科を卒業した学生に3DCADのスキルを求めています。

一部の大学では3DCADやBIMをカリキュラムに取り入れていますが、手書きの図面や2次元CADのみを教えている大学が多いというのが現状です。近い将来、建築業界でも3DCADのスキルは当たり前になるでしょう。

就職先で3DCADへの対応に苦労するケースもある

大学で2次元のCADを意欲的に学び使いこなしていたとしても、就職した企業が3DCADを主に使っていた場合、そのスキルの大半は役に立たなくなってしまいます。

大学で2次元CADを使いこなしていた学生がいざ現場に配属されたとき、3DCADの対応に苦労するというケースは少なくありません。3DCADを学んでおくことで就職後の苦労が軽減されるでしょう。

3DCADやBIMを学んでいる学生もいる

大学では建築業界の現場で通用するスキルが学べないことに気づいた学生は大学以外の場所でBIMや3DCADの講座を受講しているケースもあります。

しかし、講座の受講料や受講する時間は学生にとって大きな負担になりますので、そういった学生は多くはいないでしょう。

3DCADのスキルを身につけておくことで同じ学生の中でも希少な存在になれます。

建築学生が学んでおきたい3DCADソフト

建築学生が学んでおきたい3DCADソフトは下記の3つです。

  1. AutoCAD
  2. VectorWorks
  3. SketchUP

順番に紹介していきます。

AutoCAD

AutoCADはCADソフトの中でもトップのシェアをもち、建築業界だけでなく機械、電気などのものづくり業界でも利用されているCADソフトウェアです。

分野に特化したパッケージを取りそろえており、建築設計に特化したパッケージもあります。

建築設計に特化したArchitectureツールセットでは、壁・ドア・窓などの建築設計に必要な機能の他に、既設・解体・新設の構築物を一つの図面に表示させると行ったリノベーションに必要な機能も搭載しています。

AutoCADは学生や教員であれば教育機関限定ライセンスにより無料で利用できます。*注1

VectorWork

VectorWorksはAutoCADと並ぶ人気のCADソフトウェアです。

よりデザイン性を重視しているため、アトリエ設計事務所やデザイン事務所でよく利用されています。VectorWorksにもArchitecture版という建築設計に特化したパッケージがあります。

AutoCADと比べて直感的な操作が魅力の使っていて楽しいソフトという印象ですが、他のCADとの互換性が低くデータの共有に困るケースがあるというデメリットもあります。

VectorWorksにも学生版があり少し費用がかかりますが、20,000円で1年間利用できます。*注2

SketchUp

SketchUpは3DCADソフトというよりは3Dモデルのデザインツールといった印象のソフトウェアです。

図面の出力などの機能が他のソフトと比べると少し弱いのですが、3Dモデルのモデリング操作については他のどのソフトよりもかんたんで直感的に操作ができます。例えば立体を作りたい場合は線で図形を描いて、その図形をマウスで引っぱるだけで立体モデルが作成できます。すごくかんたんなので入門用としておすすめの3DCAD/3DCGソフトウェアです。

SketchUpの学生版は最上位モデルのSketchUp Studioが年間約5,500円で利用できます。*注3

これからの建築学生に2次元CADは必要?

3DCADには2次元図面を作成する機能が含まれており、3DCADの方が2次元CADよりもかんたんに2次元の図面を作成できますので、2次元CADの操作を理解する必要がないと思う方もいるかもしれません。

しかし、建築の現場においては当然ながら2次元図面は必要ですので、図面の仕組みや意味を理解する必要はあります。また、まだ3DCADではなく2次元のCADを利用している企業もあるため2次元CADのスキルが無駄になることはないと考えられます。

まとめ

3DCADは建築業界においても当たり前のように普及してきており、3DCADを利用している企業は新卒の学生にも3DCADのスキルを求めてきております。

就職してから3DCADへの対応に苦労するケースもありますので、できれば学生のうちに3DCADのスキルを習得しておきたいところですね。この記事で紹介させていただいた3Dソフトは学生であれば無料、もしくは格安の価格で利用できます。

この記事を読んで3DCADの必要性を感じた方は、ぜひチャレンジしてみてください。




エンジニア募集中

株式会社キャパでは中途エンジニアの募集をしています。
私たちと一緒に働きませんか?
募集概要について詳しくは


参照

注1:AutoCAD をダウンロード: 無償の教育用ソフトウェア

注2:Vectorworks 学生単年度版 (2020年)

注3:高等教育向け SketchUp Studio

関連記事一覧