仕事内容を徹底比較!プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い

この記事を読むと以下の2つのことが分かります。

・プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの役割の違い

・プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの仕事内容

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いは、そのままマネージャーとリーダーの違いでもあります。企業が抱えるプロジェクトにはさまざまなものがありますが、業界や業種を問わず、どんなプロジェクトにも共通しているのは、「納期までに成果物をリリースすること」です。

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の工程を統括する役割で、取引先やクライアント間の責任も担います。

さまざまな部署やチームを横断してプロジェクトが進行していくなかで、プロジェクトリーダーは現場監督として率先してチームをまとめていく役割と考えると分かりやすいでしょう。単純に言えば、プロジェクトマネージャーはプロジェクトリーダーの上司にあたる存在です。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの仕事内容

ここからはそれぞれの仕事内容について詳しく解説していきます。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

ここからは具体的にプロジェクトマネージャーがどのような仕事をしているのか、具体的にみていきます。

・プロジェクトに対する計画・立案

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの準備段階から関わります。クライアントと、どのようなプロジェクトにするかといった企画を練ることもありますが、メインの仕事は進行管理です。プロジェクトに必要な人材や費用などを想定して確保します。人や物、お金といった資源についての想定に加え開発から完成までの工程数の計算や納期などを計画していきます。

・問題発生時の対応

プロジェクトの進行管理について最終的に責任を負うのがプロジェクトマネージャーです。プロジェクトは、すべてが順風満帆にいくことの方が少ないので、常に問題が発生していないかをチェックする必要があります。エンジニアやデザイナーといったさまざまな部署がプロジェクトには関わりますので、広い視野での対応が求められます。問題に対してあらかじめ対策を講じることや、臨機応変な対応ができるよう、フットワークを軽くしておくことが重要となります。

・完成したプロジェクトに対する報告

プロジェクトをスムーズに進行させることがプロジェクトマネージャーの役割ですが、進行中に発生した課題点や改善点を、報告書などを使って社内で共有するのもプロジェクトマネージャーの仕事です。

プロジェクトリーダーの仕事内容

現場監督であるプロジェクトリーダーは、チームのメンバーをまとめながら業務を遂行していきます。個人で自分の仕事をすすめるというよりはチームが抱えている問題の解決やメンバーの成長のために尽力するのが仕事です。

・チームの統括

メンバーの意見や考えをまとめ、チームを統括しスケジュール通りにプロジェクトが進行していくように管理します。メンバーが積極的に意見を出せるようにメンバーから信頼される存在となることも重要です。また、メンバーの能力をきちんと把握し、業務を割り振っていくこともプロジェクトリーダーの役割です。

・現場で発生したトラブルへの対応

どのようなプロジェクトであっても必ず予想外のトラブルが発生するものです。同じトラブルが発生しないように対応策を講じるのはプロジェクトリーダーの仕事です。チームに的確な指示を出すためには、メンバーがどのような仕事をしているのかをしっかりと把握することが重要。そのため管理能力だけでなく、実務レベルでの知識も必要になります。

・現場単位でのスクジュール管理

プロジェクト全体を統括し、スケジュールを組み立てるのはプロジェクトマネージャーの役割です。しかし、プロジェクトを納期に間に合うように完了させるためには、現場の協力が欠かせません。プロジェクトリーダーは現場のスケジュール進行に責任を持ち、予定通りにプロジェクトが進行していくように尽力します。

・チームメンバーの労働環境を整える

プロジェクトには必ず納期があり、それを守ることは最も重要なことです。しかし、タイトなスケジュールであれば残業がかさんでしまい、体調や士気にも影響があるでしょう。チームを統括するプロジェクトリーダーは、メンバーの体調管理も仕事の1つです。メンバーが無理のないスケジュールでのびのびと働けるように、現場の状況やメンバーの意見といったいわゆる「現場の声」を会社に届けなければなりません。

まとめ

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の統括を、プロジェクトリーダーは現場の統括を行います。どちらも統括や管理が役割ではありますが、仕事内容には大きな違いがあります。しかし、管理をするために必要なのは管理能力だけではありません。自分の指示を机上の空論ではなく、説得力を持ったものにするためには何よりも現場での経験が重要になります。マネージャーやリーダーを目指すなら、まずは管理スキルではなく現場の業務を知り尽くすべきでしょう。現場で分からないことは何もないといった状態になって初めて的確な指示が出せるようになります。管理スキルを身につけるのは、現場でしっかりと経験を積んでからでも遅くはありません。




開発チームのリーダーを募集中

株式会社キャパでは開発チームのリーダーを募集しています。
「実務経験を積んできたから、次はリーダーにチャレンジしてみたい」
「新しい環境でリーダー経験を活かしたい」など、
ぜひお気軽にご相談ください。
詳しくは


関連記事一覧